no title

横浜F・マリノスブラジル人FWレオ・セアラが強烈なFKをお見舞いした。

横浜FMは11日、明治安田生命J1リーグ第28節でサンフレッチェ広島と対戦。チームは前節、鹿島アントラーズ戦に敗れ、4連勝がストップするとともに、リーグ戦14試合ぶりの黒星を喫していた。

首位・川崎フロンターレを追走するためにも3ポイントが必須の一戦にはレオ・セアラも先発出場。8月は6ゴールを奪い、月間MVPにも輝いた俊英にこの日も期待がかかった。

立ち上がりに先制された横浜FMだったが、FW前田大然、DF實藤友紀のゴールで逆転に成功。2-1と、試合をひっくり返して迎えた60分、レオ・セアラに大きな見せ場がやってきた。

ゴール正面約30mの位置でFKを獲得すると、長めの助走から右足を一閃。強烈な弾丸ライナーゴール右上の完璧なコースに突き刺さした。

目の覚めるようなスーパーゴールにはファンも驚愕。「ゴラッソ中のゴラッソ」、「こんな飛び道具を持っていたとは」、「9月の月間ベストゴール確定演出」などのコメントが寄せられた。

レオ・セアラの鮮やかな一撃を含めた3発で、3-1の勝利を収めた横浜FMは、川崎Fと1ポイント差に。終盤戦へと入っていくJ1。横浜FMの逆転優勝のためには、この男の活躍が不可欠だ。



ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)