no title

アルジェリア代表では金髪が禁じられているようだ。現地メディアの情報を元にイギリススポーツバイブル』が伝えた。

アルジェリア代表に選出されたマンチェスター・シティのFWリヤド・マフレズと、ウェストハムのFWサイード・ベンラーマ。どちらもこの夏に髪を金髪にし、新たなトレードマークとしていた。だが、早くも2人そろって黒髪へと戻してしまったようだ。

どうやら、アルジェリア代表の指揮官ジャメル・ベルマディ監督が、金髪を止めて黒髪にするよう、要請したとのこと。マフレズとベンラーマの2人はそれに従った恰好だ。

パリ・サンジェルマン(PSG)やマルセイユ、シティなどでプレーした経験を持つベルマディ監督は、選手たちに「フリルのない立派なスタイルスポーツ」と「アルジェリア社会の伝統と習慣を反映した外観」を望んでいるとメディアに語っている。過去にも2018年トレーニングに参加したMFイリアス・ベル・ハッサニに、同じく金髪を黒に戻すように要請したことがあり、今回が初めてではないとのことだ。

なお、アルジェリアカタールワールドカップ(W杯)予選で2日にジブチと、対戦し、7日にブルキナファソと対戦する。



ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)