no title

 U-24日本代表MF久保建英が、3日に行われた東京オリンピック男子サッカー準決勝のU-24スペイン代表戦を振り返った。

 試合は序盤からボールを握るスペインと、粘り強く守りながらチャンスをうかがう日本という展開に。スペインの押し込む時間が続くが、守備陣の体を張った活躍もあり日本は無失点で耐え、試合は延長戦に突入。しかし115分、マルコ・アセンシオに得意の左足での一撃を許してしまい、そのまま0-1で敗戦。日本は初の決勝進出を逃した。

 後半終了まで出場した久保は、試合を振り返り次のようにコメント。絞り出すようにして言葉を発し、スペインに惜敗した悔しさを吐露した

「(試合の感想は)何もないですね。出すこと全部やって負けたので、涙も出てこないですし。なんでしょう…まぁ次(3位決定戦)ですね」

「(スペインは)うまかったし、強かった。自分たちもしっかりプラン練って挑んだつもりですけど、あと一歩及ばなかったです」

 日本は53年ぶりのメダル獲得をかけて6日の3位決定戦に臨み、日本とグループAで同居していたメキシコと再戦する。

久保建英 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)