no title

 東京オリンピック男子サッカー競技・準決勝が3日に行われ、U-24日本代表U-24スペイン代表に延長戦の末に0-1で敗れた。

 試合後、チームを率いる森保一監督は「粘り強く戦いながらも攻撃、得点のチャンスをうかがうということで、よく戦ってくれたと思います」と労いの言葉を懸けた。

 日本は53年ぶりのオリンピックでのメダル獲得を懸けて、6日にグループステージでも対戦したU-24メキシコ代表と3位決定戦で対戦するという、難しい連戦が続くが、「もう結果は出てしまったので、そこで切ってしまったら次はないと(選手に話しました)。次への準備、そんなに簡単ではありませんが、我々がメダルを取るために、もう一回、反発力を発揮していこうと話しました」と、試合後に円陣を組んで選手たちにかけた言葉を明かしている。

日本の森保一監督 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)