no title

U-24日本代表のDF酒井宏樹が、友人との再会を喜んだ。

U-24日本代表は28日に、東京オリンピックグループステージ最終節でU-24フランス代表と対戦。酒井は右サイドバックとして3試合連続の先発出場を果たした。

引き分け以上でグループステじ突破が決まる日本と、2点差以上の勝利で自力でグループステージ突破を決められるフランスの一戦。しかし、日本が前半に2点を奪うと、後半も2点を奪い、4-0で勝利。16チーム中唯一の3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

酒井はこの試合も右サイドバックで先発。守備対応、攻撃参加とピッチで躍動すると、チームの2点目を豪快に決めて五輪初ゴールを記録。しかし、イエローカードをもらってしまい、準々決勝では出場停止となることが決まった。

試合後、酒井はマルセイユ時代の同僚であり、現在はメキシコのティグレスへと移籍したFWフロリアン・トヴァンとの2ショットインスタグラムで掲載。さらに、この試合でゴールを決めたMF久保建英、MF三好康児、FW前田大然との4ショットを掲載して喜びに浸った。

酒井フランス語で「日本でフランス代表に会えたことをとても嬉しく思います」とし、「フロ(フロリアン・トヴァン)、5年間本当にありがとうございました。何度もお世話になりました。あなたは永遠のヒーローです」と綴り、チームメイトであったトヴァンへの敬意を示した。

また日本語でもメッセージを掲載している。

「ここ日本でフランスと試合できてまさか自分が得点するとは思いませんでした。サッカーの神様に感謝します!」

「そして5年間一緒だった相棒との試合はとても運命的でした。彼のおかげで長い間マルセイユプレーする事が出来たことを感謝しています。一生大切な友人です」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)