no title
今夏のマーケットで多くの噂が流れているバルセロナ。給与制限のためにリオネル・メッシを登録できない状況にあるため、選手の入れ替えがあると予想される。

しかし放出があるということは獲得も必要である。

『RAC1』の報道によれば、バルセロナはこのところ2名の選手からの売り込みを受けていたとのこと。

その一人はリールに所属しているポルトガル代表MFレナト・サンシェズ。そしてもうひとりはアタランタのDFクリスティアン・ロメロであったそうだ。

ただ、この両者についてはロナルト・クーマン監督が「必要ない」として拒否したという。

レナト・サンシェズについては長期的にバルセロナプレーできる選手としては見ておらず、今シーズンチームレギュラーを獲得できる可能性は乏しいと考えているよう。

またクリスティアン・ロメロについては、すでにクラブにはタイプが似ているセンターバックがいるため獲得の必要がない…と考えられたそうだ。

【写真】次は誰になる?バルセロナが「プレミアに売った11名」

Daily Mail』などの報道によれば、バルセロナクリスティアン・ロメロの獲得には前向きであると伝えられていたが…。

バルセロナ、リールMFとアタランタDFの「売り込み」を拒否


(出典 news.nicovideo.jp)