no title

ドイツ年間最優秀選手に選出されたバイエルンポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを、同クラブのCEO(最高経営責任者)を務めるオリバー・カーン氏も絶賛した。

レヴァンドフスキは、2020-21シーズンブンデスリーガで29試合に出場し、41ゴール7アシストと圧巻の活躍を披露。1971-72シーズンの元西ドイツ代表FWゲルト・ミュラーマークし、不滅の大記録と称されたシーズン最多の40ゴールを塗り替え、2021年ドイツ年間最優秀選手に輝いた。

バイエルンレジェンドで、現在はCEOを務めるカーン氏もドイツキッカー』のインタビューレヴァンドフスキの2年連続受賞にコメント。「私は、彼以外に誰がいるんだと考えている」と、不動のエースの受賞を当然のことだと話した。

また、「レヴァンドフスキが昨シーズン成し遂げたのは本当に信じられないことだ」としたうえで、ミュラー氏の記録を破ったことの凄まじさを強調した。

「小さい頃、ブンデスリーガで40ゴールを記録した選手がいたと聞いた。そして、誰もその記録に迫る者は現れないと思っていた。私が現役の間もずっとそうだった」

「しかし、彼はわずか29試合でその記録に追いつき、さらにそれを更新したんだ」

「世紀の偉業だし、もしかしたら永遠に続くものになるかもしれない」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)