マンチェスター・ユナイテッドは24日、オーレ・グンナー・スールシャール監督(48)と2024年まで契約を延長したことを発表した。さらに1年の延長オプションも付随する。

2021-22シーズンで4年目を迎えるスールシャール監督は以下のようなコメントを残した。

「私がこのクラブに対して抱いている気持ちは誰もが知っているところだろう。この新しい契約にサインできたことを嬉しく思っている。今、マンチェスター・ユナイテッドはエキサイティングな時期を迎えており、我々は成功に貪欲な若者と経験豊富な選手がバランスよく集まったチームを作っている」

「私の周りには素晴らしいコーチンチームがあり、皆この旅の次のステップに進む準備ができている。マンチェスター・ユナイテッドは最大かつ最高のトロフィーの獲得を目指す。それが我々全員の目標だ。ピッチ内外で成長してきたことは、これからも続いていくだろう」

「満員のオールド・トラフォードシーズンスタートするのが待ち遠しいね」

スールシャール監督は2018年12月ジョゼ・モウリーニョ前監督に代わって着任。当初はシーズンオフ中だったモルデからのレンタルという形だったが、翌年3月に正式監督となった。

シーズンは就任以降最高位となる2位でプレミアリーグをフィニッシュ。9シーズンぶりの優勝を狙う新シーズンに向けては、イングランド代表FWジェイドン・サンチョという強力な即戦力を獲得しており、また、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエルヴァランの到着も見込まれている。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)