世界的なスーパースターともなれば、たった一つの投稿が様々な憶測を呼ぶことになる。

ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、18日に自身のインスタグラムを更新。その投稿が物議を醸している。

C・ロナウドが投稿した写真は、ブルージャケットに同じブルーのバミューパンツセットアップ。自身の愛車コレクションの1つであるロールス・ロイスに軽く寄りかかっているものだ。左腕には高級そうな腕時計キラリと光る。

そして何よりも気になるのが、写真とともに投稿されたメッセージ。「決断の日」という短い言葉が多くの憶測を呼んでいる。

C・ロナウドを巡っては、今夏の移籍が取り沙汰され、ユベントスを退団するという報道がシーズン終盤から飛び交っていた。2018年夏にレアル・マドリーからユベントスへ活躍の場を移したC・ロナウド。しかし、チームは2020-21シーズンセリエAの連覇を逃すとともに、チャンピオンズリーグ(CL)でもラウンド16で敗退。C・ロナウドとしては満足いく結果ではない。

本人としては2020-21シーズンセリエAで得点王にも輝き、その後連覇を目指して参加したユーロ2020でも、チームはラウンド16で敗退に終わったが、自身は大会得点王を獲得するなど、その得点力は衰えを知らない。

ユベントスは新シーズンからマッシミリアーノ・アッレグリ監督が復帰。C・ロナウドとしても去就が定まっていない状況だけに、「決断の日」という言葉は移籍を決断したという憶測を呼んでいる。

何れにしても、何を決断したのかは現時点では不明。新たな情報を発信してくれることを待ちたい。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)