no title

先日、レアル・マドリーの会長フロレンティーノ・ペレス氏の音声が流出して話題になった。それはイケル・カシージャスラウール・ゴンサレスについて「レアル・マドリーの二大詐欺師」と話していたものだった。

それは『El Confidencial』によって伝えられたもので、2006年に録音されたものだとされていた。

フロレンティーノ・ペレス氏はそれに対して「会議の中の音声を切り取ったものだ」と反論していたが、『El Confidencial』はそれに続いて新たな録音ファイルを公開した。

それは2012年10月に録音されたものだと報じられており、その内容はジョゼ・モウリーニョ監督とクリスティアーノ・ロナウドを揶揄するものだったという。

フロレンティーノ・ペレス

クリスティアーノ・ロナウドは頭がおかしい。バカだ。病人だよ。

君は彼のことを正常だと思っているようだが、彼はマトモではない。そうでなければ、彼がやっているようなことはなにもできないだろう」

「監督も彼も両方が甘やかされている。ひどいエゴを持っているやつらで、現実を見ていない。

モウリーニョはバカだ。彼はすこし異常な男だ。免許もなしで運転する。とはいえ、彼はプレッシャーに圧倒されてきた人物だからな」

【写真】「レアル・マドリーでプレーしたことを忘れられた」スター選手たち

これらのリークに対して法的措置に出ると発表していたフロレンティーノ・ペレス氏。さらなる発言の流出にどう対応するのだろうか。

レアル会長ペレス氏、「ロナウドもモウリーニョもバカ」新発言がリークされる


(出典 news.nicovideo.jp)