no title


ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが負傷したベルギー代表MFケビンデ・ブライネを真っ先に気遣った。

27日に行われたユーロ2020ラウンド16、ベルギー代表vsポルトガル代表の一戦。FIFAランキング1位のベルギーと前回大会覇者のポルトガルという注目の強豪対決となった。

試合は前半終了間際にベルギーが先制に成功し、1点リードで試合を折り返したものの、後半立ち上がりにアクシデント発生。前半終盤にポルトガルMFジョアン・パリーニャのタックルで左足首を痛めていたベルギー代表ケビンデ・ブライネプレー続行不可能となってしまった。

この場面で、負傷したデ・ブライネに真っ先に声を掛け、手を差し伸べたのがC・ロナウドだった。

イギリス『サン』は「とても思いやりのある行動」とこのシーンを取り上げると、レアル・マドリー時代の2017-18シーズンチャンピオンズリーグ決勝で、対戦相手のFWモハメド・サラーが負傷して涙を流した際にもすぐに慰めていたと伝えている。

また、2018年ロシアワールドカップで対戦相手のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが足を痛めた際に肩を貸してピッチの外へと送り出したエピソードも合わせて紹介し、「C・ロナウドは勝利に全力を尽くすが、負傷した相手には思いやりを見せる」と綴った。

なお、試合はベルギー代表が勝利したが、試合後にはデ・ブライネC・ロナウドがしっかりハイタッチ。健闘を称えあっていた。



UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)