no title

ユベントスアメリカ代表MFウェストン・マッケニーが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの衝撃だった初対面を明かした。イギリス『サン』が伝えている。

2020年夏にシャルケからレンタルユベントス入りし、今年3月に買い取りオプションを行使して2025年6月までの正式契約を結んだマッケニー。1年目からセリエA34試合、チャンピオンズリーグ7試合など、主力として公式戦46試合に出場し、6ゴール3アシストの数字を残した。

未来の明るいそんなマッケニーがこの度、MLSプレーオフの宣伝のため、母国アメリカで会見に臨んだ。そこで憧れのクリスティアーノ・ロナウドと初めて顔を合わせた時の印象を語った。

「初めてロナウドに会ったのは、僕が理学療法室に入った時だった。すると彼は下着姿で出てきたんだよ」

「『オーマイガー!』と思ったよ。本物だ!ってね。でももうチームメイトなんだから、ただのファンに見えないように振る舞うのに必死だった」

パンツ一丁のロナウドということは、その肉体美も目の当たりにしたのだろうが、36歳の男は身体作りに超ストイックなことで有名。

開催中のユーロ2020では、会見の場目で目の前のコーラを視界から追い出すように端へ寄せたことが話題になった。

ユベントス下部組織でプレーしているMFダウダ・ペーテルスによると、確かにロナウドは厳しい食生活を送っているようだ。

クリスティアーノはいつも同じものを食べているよ。ブロッコリーチキン、それにライスだ」

「飲み物は水で、もちろんコーラは口にしない」

UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
注目のグループステージを放送中!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)