no title

 スウェーデン発祥の世界的家具量販店『イケア』が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユヴェントスイタリア)の“コカ・コーラ騒動”にあやかった新商品を発表したことが話題を呼んでいる。22日に、イタリアスポーツ専門誌『トゥット・スポルト』が報じている。

 EURO2020では、記者会見におけるC・ロナウドの行動が話題となった。C・ロナウド記者会見室で、大会スポンサーである『コカ・コーラ』のボトル2本を自身の目の前から取り除くと、ポルトガル語で「水を飲もう!」と叫んでいた。なお、『コカ・コーラ』社の株式はC・ロナウドパフォーマンス後に下落。14日のヨーロッパ市場では1株56.1ドル(約6,212円)だったが、記者会見終了時には1株55.2ドル(約6,112円)まで値を下げ、市場価値がおよそ40億ドル(約4,400億円)失われたという。現在は、欧州サッカー連盟UEFA)によって選手のボトルへの接触が禁じられている。

 この騒動に目を付けたのが『イケア』のカナダ支社だった。同支社は18日、公式インスタグラムで「クリスティアーノ」という商品名の飲料水専用ボトルを1ドル99セント(約220円)で発表。C・ロナウドEURO2020のタグとともに「再利用可能な水専用のボトルです」と、新商品をアピールした。『トゥット・スポルト』は「SNSの使い方を熟知しているイケアが、流行の話題に介入した」と伝えている。

イケアが、C・ロナウドの発言に目を付け…… [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)