今季前半戦はリヴァプール、後半戦はサウサンプトンプレーした日本代表FW南野拓実

シーズンは全コンペティション27試合で6ゴールという結果だった。

そうしたなか、『Hampshire Live』では、サウサンプトンファンによる今季の格付け投票を行った。10点満点での採点結果がこちら。

ジェームズ・ウォード=プラウズ:8.9

ネイサン・テラ:7.2

リオル・ロメウ:7.2

ダニーイングス:7.1

ヤニク・ヴェスタゴー:7.1

チェ・アダムス:6.8

サリス・カリム:6.8

ヤン・ベドナレク:6.0

テオ・ウォルコット:5.8

イブラヒマ・ディアロ:5.8

ライアン・バートランド:5.5

ジャックスティーブンス:5.3

アレックス・マッカーシー:5.0

南野:5.0

ムサ・ジェネポ:4.7

ネイサン・レドモンド:4.0

断トツの1位だったのは、プレミアリーグ屈指のフリーキッカーでもあるイングランド代表MFウォード=プラウズ。

その一方で南野はワースト3位タイに…。同紙でも「リヴァプールからのローンだった南野は自分が底辺近くにいることに最も驚くことだろう」と伝えている。

【動画】サウサンプトン南野拓実、最終戦での痛恨ミスシーン

南野は一旦リヴァプールに戻るが、セインツへの再移籍説も浮上中。今夏どんな動きを見せるのか注目される。

南野拓実、サウサンプトンファンの年間評価が最低レベルだった


(出典 news.nicovideo.jp)