no title

トーマス・トゥヘル監督のもとでプレミアリーグ屈指の堅守を誇るようになったチェルシー。その一方、得点力にはやや欠けるきらいがある。

レスターとの第37節には2-1で勝利したが、得点者はDFアントニオ・リュディガーとMFジョルジーニョ(PK)だった。

そうしたなか、チェルシーの今季リーグ戦のチーム内得点王が話題になっている。

7ゴールのMFジョルジーニョがトップで、しかも彼の得点は全てPKなのだ。これはかなりレアなケースかも?

【動画】香川もマネする!ジョルジーニョ、世界最高レベルのPKキックシーン

なお、2位は6得点でティモ・ヴェルナー、タミー・エイブラハム、メイソン・マウントの3人。

海外ファンによれば、プレミアリーグ上位4位でチーム内得点王のゴール数が最も少なかったケースは10得点だそう。2005-06シーズンリヴァプールスティーヴン・ジェラード)と2007-08シーズンチェルシーフランク・ランパード)。

今季のチェルシーアストン・ヴィラとの最終戦次第ではそれを下回るかもしれないようだ。

チェルシー、チーム内得点王が異常事態に! しかも全部PKゴール


(出典 news.nicovideo.jp)