エルリング・ブラウト・ホランド 写真提供: Gettyimages

 ボルシア・ドルトムントノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ホランドは自身の新天地を6つのクラブに絞っているようだ。3日、独紙『Sport Bild』が報じている。

 昨年1月にレッドブルザルツブルクからドルトムントへと加入したホランド。これまで同クラブで公式戦45試合に出場し43ゴールを記録するなど爆発的な活躍を見せている。しかし、現在ドルトムント新型コロナウイルスによる財政的なダメージにより、今夏の移籍市場で同選手の売却に動くことが噂されている。そしてポールポジションには大型補強が注目を集めているチェルシーが位置していたものの、ホランドは同クラブへの移籍を拒否しているようだ。

 同紙によると、ホランドの新天地となりえるのはリバプールマンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティユベントスバルセロナレアル・マドリードの6つのクラブとみられている模様。昨シーズンチャンピオンズリーグ覇者であるバイエルン・ミュンヘンへの移籍の可能性も除外されているようだ。

 はたして未だ20歳の怪物は新天地としてどのビッグクラブを選ぶことになるのだろうか。

 



(出典 news.nicovideo.jp)