バルセロナ行きの噂が上がっているアーセナルのミケル・アルテタ監督が、クラブに完全に集中していることを強調した。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

バルセロナでは今月7日に会長選挙が控える中、最有力候補と目されるジョアン・ラポルタ氏は先日、スペインラジオ局『RAC1』の番組で、当選した暁には、ロナルド・クーマン現監督に代わってアルテタ監督が招へいする可能性を示唆していたことが伝えられた。

選手としてはバルセロナのカンテラーノの肩書を持つアルテタ監督は、指導者としても同じバルセロナ下部組織出身のジョゼップ・グアルディオラ監督に師事しており、その哲学を受け継いでいる人材でもある。

アルテタ監督はそんな背景から、自身がバルセロナ指揮官の候補に挙がる可能性があることを認めつつ、選挙を間近に控えたこのタイミングでは、様々な憶測が飛び交うものだとコメントしかしながら、就任の噂については完全に否定している。

「私はここでしなければならない仕事に完全に集中している。本当に多くのタスクがあり、私はそれを楽しんでいるよ」

「このクラブを率いることができるのは特権だと思っている。そして私はこの上なく幸せだ」

また、記者から将来的なバルセロナ監督就任の可能性を問われたスペイン指揮官は「今日も明日も私はアーセナルの監督だ。本当に楽しんでいるし、これまで以上の成果を成し遂げたいと思っている」と、否定するまでもないという様なコメントを返したという。

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>無料トライアルはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)