アーセナルブラジル代表MFウィリアンが昨夏の移籍劇に言及した。

昨夏にチェルシーからアーセナルに活躍の場を移したウィリアン。2013年からプレーしたチェルシーで公式戦通算339試合63得点62アシストの数字を誇り、2度のプレミアリーグ制覇にも寄与した功労者だが、昨季限りで満了する契約の延長交渉が破談となり、同じくロンドンを拠点とするアーセナル移籍を決断した。

母国ブラジルメディア『UOL』のインタビューに応じたウィリアンはその当時、チェルシー残留を望む自身がいたと明らかにした。

「難しい決断だった。簡単じゃなかったよ。言われるとおり、クラブ間にすごく大きなライバル関係もあるしね。アーセナルのためにチェルシーを去るのは簡単な決断じゃない。よく考え抜いて、熟慮した決断で、妻や代理人と何度も話し合ったぐらいだ」

アーセナルに行くと決めたのはミケル・アルテタやエドゥとの会話がきっかけだった。僕がアーセナルに加われば、チームにとって本当にクールプロジェクトになり、僕にとっても良いものになるだろうと説得してくれたんだ」

「僕がチームの重要な選手になれるとね。彼らはアーセナルが再びプレミアリーグで優勝争いを演じられたり、再びチャンピオンズリーグ(CL)の舞台に立てるようになるためにクラブの哲学を変えていきたいと考えていたんだ」

「だから、何度か話し合った。いくつかの会話は僕を喜ばせるものだったから、この決断を下した理由さ。でも、この決断に至るまで本当に楽じゃなかったよ。しっかりと考える必要があった」

ファンのなかに疑問を持つ人もいたと思うが、大多数は理解してくれた。クラブと喧嘩別れしたわけじゃなく、ドアがオープンな状況だったからだ。誰もがそういう状況を知ってもいた。僕自身も残りたいと思っていたんだ」

「でも、結局は合意に至らなかった。僕が3年契約を求めた一方で、チェルシーが2年契約を提示するにとどまったというのは誰もが知っている話。そういうわけで、退団することになったのさ」

なお、ブラジル凱旋の可能性についても問われると、「今のところ、そういう考えはない。ブラジルプレーしたいという願望もね。とにかく、ヨーロッパに残るつもりだ」と話している。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)