no title


マンチェスター・シティポルトガル代表MFベルナルド・シウバが先勝を喜んだ。

目下公式戦18連勝中と向かうところ敵なし状態のシティ。24日に代替開催の地ブダペストに赴いて、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMG戦に臨み、見事に2-0の先勝で飾った。

フル出場のB・シウバは29分にポルトガル代表DFジョアン・カンセロからのクロスに頭で合わせて先制点を記録。続く65分、頭で折り返しボールブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの追加点をお膳立てした。

殊勲のB・シウバは試合後、イギリス『BT Sport』でチームの勝利に満足感を示した。

「僕らからすれば、良いゲームだった。この大会がどれだけタフなのかは知っている。シンプルプレーして、ミスをしないよう心がけた。僕らにとって、い勝利だが、まだ終わっていない」

ポルトガル人技巧派MFはまた、自身のゴールに言及。同胞のポルトガル代表DFルベン・ディアスと内々で得点を争い合っていると述べ、カンセロに賛辞の言葉を送った。

「普段はヘディングは得意じゃない! ルベン・ディアスとは誰が最もゴールを決められるかで勝負しているんだ。今夜、チームの力になれて嬉しいよ」

「カンセロは素晴らしい選手で、彼のことをよく知ってもいる。僕らには良い関係性が築かれていて、今夜の彼からのボール素晴らしいものだった」

「彼は素晴らしいシーズンを過ごしているよね」

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)