今季チェルシーに加入したドイツ代表FWティモ・ヴェルナー。

即戦力として高い期待を寄せられていたが、プレミアリーグへの適応に苦しんでいる。『spox』などによれば、本人もこう述べていたそう。

ティモ・ヴェルナー(チェルシーFW)

「当初はここでも自分をやりたいことができるというイメージを持っていたよ。だが、この数か月で現実に呼び戻された。

イングランドでは穏やかな試合が一切ない

選手たちは190cmもあるし、フィジカルは残忍で、めちゃくちゃに速い。DFさえもね。

プレミアリーグのインテンシティは衝撃だった。

そういう小休止のなかで、もはやスーパーストライカーと呼ばれることはないと気付いた。

ゴールを決めなければいけないというプレッシャーを全て解き放つ必要があった」

ブンデスリーガで暴れ回っていたヴェルナーだが、激しくて速いプレミアリーグのフィジカルに度肝を抜かれたとか。

【動画】フィジカルは関係なねぇ!?南野拓実、プレミアで突き刺した電撃シュート

そこでゴールへのプレッシャーをあえて取り去ったというヴェルナー。新体制のチェルシーで逆襲を見せることはできるだろうか。

「プレミアのフィジカルはヤバすぎる…」苦闘ヴェルナーが本音吐露


(出典 news.nicovideo.jp)