トーマス・ミュラー 写真提供: Gettyimages

 バイエルン・ミュンヘンは22日、今週なかばに控えるUEFAチャンピオンズリーグベスト16・ラツィオ1stレグの招集メンバーを公式発表している。

 バイエルンFIFAクラブワールドカップ2020で優勝を果たしたものの、ドイツ帰国直後に行われたブンデスリーガ第21節・ビーレフェルト戦でドローに終わると、20日に開催された第22節・アイントラハト・フランクフルト戦では日本代表MF鎌田大地ゴールを許したこともあり勝ち点を獲得できなかった。

 リーグ戦で足踏み状態が続く中、バイエルンは23日に敵地でのラツィオ戦に臨むが、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーフランス代表DFベンジャマン・パバール新型コロナウイルス感染により自主隔離を強いられ、欠場が確定している。

 また、FWセルジュ・ニャブリはクラブW杯決勝・ティグレス戦で左大腿筋を損傷したことにより戦列を離れている。なお、ラツィオ戦の招集メンバーは以下の通りとなっている。


===========

GK

マヌエル・ノイアー、ロン・トルベン・ホフマン

DF

クラス・ズーレ、ハビ・マルティネスジェローム・ボアテン

ブナ・サール、リュカエルナンデス、ダビド・アラバ

MF

ジョシュア・キミッヒ、レロイ・サネ、レオン・ゴレツカ、マルク・ロカ

ジャマル・ムシアラ

FW

ロベルト・レバンドフスキエリックマキシム・シュポ=モティング

アルフォンソ・デイビス、キングスレー・コマン

===========



(出典 news.nicovideo.jp)