UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16で激突するチェルシーアトレティコ・マドリー

シーズン途中からチェルシー指揮官に就任したトーマス・トゥヘル監督の発言が話題になっている。

『beIN SPORTS』などによれば、PSGを率いていた昨夏にルイス・スアレスの獲得を狙っていたと明かしたそう。

トーマス・トゥヘル(チェルシー監督)

「ありえたね。彼がバルセロナから退団するという噂を聞きつけた。

史上最高のストライカーのひとりとの契約に興味がないものなどいないだろう?

一か八かでトライしてみたが、実現しなかった。

彼はスペインに残ることに決めた。アトレティコに移籍して、そのクオリティを証明してみせたよ。

彼は生まれながらのストライカーだ。ストライカーだけが持つ特有のメンタリティも備えている。

そのメンタルは意思、インテンシティ、得点を奪うことへの怒りを示すものだ。彼が満足することは決してない」

バルサ退団の噂を聞きつけ、PSGに彼を連れていこうとしていたようだ。

【動画】これぞ鬼メンタル!スアレス、リヴァプール時代の鬼シュート

トゥヘルは、スアレスストライカー的なメンタリティを賞賛しつつ、明日は彼の得点を阻止するつもりとも述べていた。

「スアレスを獲得しようとしたが失敗した」トゥヘル監督、自ら暴露


(出典 news.nicovideo.jp)