(出典 sport-japanese.com)



トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリは、新旧監督での立場の変化に戸惑っているようだ。イギリス『サン』が伝えている。

2015年夏にトッテナムに加入し、公式戦236試合出場を誇るデレ・アリ。昨季までは主力として貢献してきたが、ジョゼ・モウリーニョ体制になってからここまでは出番が激減しており、数少ないチャンスとなった昨年12月に行われたFAカップストーク・シティ戦では、軽率な守備から失点に繋がってしまったことで、指揮官の逆鱗に触れてしまったこともあった。

かつてはモウリーニョ監督に“怠け者”とまで言われたデレ・アリは「状況は変わってしまった」と、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督との違いの大きさに嘆いた。

「僕が何かアホなことをしていると、ポチェは僕を引っ張ったり話しかけたりしてくれた。親父までとはいかないけど、そんな感覚だった」

「ポチェとモウリーニョとでは大きく変わってしまった。彼らが全てのハンドルを握っているけど、それは全然違うものなんだ」

「今はこの状況を整理して、できる限りプレーに戻れるようにしたいと思っている」

直近のマンチェスター・シティ戦では64分から途中出場したデレ・アリ。18日のヨーロッパリーグのヴォルフスベルガー戦でもベンチ入りすると見られている。

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)