(出典 portal.st-img.jp)



サガン鳥栖でもプレーした元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、古巣のアトレティコ・マドリーに一時的な別れを告げたようだ。スペイン『アス』が報じた。

アトレティコリバプールチェルシーミラン、そして鳥栖でプレーしたトーレス2019年8月に鳥栖で現役生活に別れを告げると、スペインへと帰国していた。

その後、コーチンライセンス取得のため、昨年9月に古巣であるアトレティコへと復帰。育成年代で指導を行うと、1月中旬にアトレティコBと契約を結び、アシスタントコーチとして指導にあたっていた。

しかし、『アス』によるとトーレスは個人的な理由によってアトレティコBを去るとのこと。それでも、3月には復帰する予定があるという。

また、トーレスは復帰後にファーストチームに関わる可能性もあるとされており、再び戻ってくることが待たれている。

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
2/17(水)&2/18(木)の4試合は無料放送!
>>無料トライアルはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)