no title



ブンデスリーガで3位につけるフランクフルトケルンを2-0で撃破した第21節では鎌田大地アシストがついた。

後半12分にアンドレ・シウヴァが先制ゴールを奪ったシーンだ。

エリク・ドゥルムがシュートのような低くて速いボール蹴ると、それが鎌田に当たって、シウヴァにつながった形。

鎌田の足には当たっているが、あまりにボールが速かったために反応しきれなかったようにも見えた。その得点シーンがこちら。

何度見ても微妙なところ!

ただ、フランクフルトフレディ・ボビッチSDは「大地はヒールでとても上手くボールをパスした。あれで1-0になったのが試合のカギだった」と述べていた。

【写真】「ゴールよりもアシストを愛するパス職人TOP10」

なお、シウヴァ2021年に入ってから9ゴールと爆発中。Optaによれば、マンチェスター・シティMFイルカイ・ギュンドアンと並んで5大リーグトップとなる得点数だそう。

鎌田大地、神アシスト?トラップミス? 話題の超ヒールシーンがこれ


(出典 news.nicovideo.jp)