no title



リバプールユルゲン・クロップ監督が敗戦の弁を述べた。イギリスBBC』が報じている。

リバプールは13日に敵地で行われたプレミアリーグ第24節でレスター・シティと対戦。4位リバプールからすれば、勝ち点3差で追いかける3位レスターとの直接対決だけに、是が非でも勝利がほしい一戦だったが、67分の先制が守りが乱れ、1-3の逆転負けを喫した。

67分にエジプト代表FWモハメド・サラーが先制ゴールを決めるまでは良かったが、微妙な判定やブラジル代表GKアリソンの失点に絡むプレーもあり、レスターに敗れ、3連敗のリバプールクロップ監督は試合後、「モノにすべきだった」と振り返っている。

「我々が勝つべき明らかゲームだった。良いフットボール、支配的なポゼッションでレスターから試合の主導権を握ってもいたのだ」

一方で、イングランド代表MFジェームズ・マディソンにFKのチャンスから直接ゴールを許しての1失点目についても「私からすれば、彼らの1stゴールオフサイド。3選手がオフサイドだった。あの場面が決定打になってしまった」と納得いかずの様子をうかがわせた。

また、チーム2失点目の元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに許したゴールにも言及。「2失点目は明らかなミス。声を出すべき状況なのに、誰の叫び声も聞かなかった」とDFオザン・カバクとアリソンの連携ミスによる失点だと述べ、対応のまずさを咎めた。

そして、息の根を止められる3失点目のMFハーヴェイバーンズに許したゴールシーンにも触れ、「3失点目は本当に気に入らないね。受け入れ難い」とコメント。続けて、改めて全体を振り返り、安定感を欠くチーム状況を表す結果だとも話した。

「75分までのパフォーマンスは際立ったものだったのに、1-3で負けてしまった。この結果は今の我々がいかにトリッキーな状況にいるかを示すものだ」

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
2/17(水)&2/18(木)の4試合は無料放送!
>>無料トライアルはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)