(出典 www.theworldmagazine.jp)



プレミアリーグ第24節、王者リヴァプールは敵地でのレスター戦に3-1で敗れた。これで痛恨の3連敗となり、実質的に連覇の夢が断たれることに。

この日のリヴァプールは6割以上のポゼッションを記録したものの、枠内シュート数では相手を下回った。

また、『SofaScore』によれば、リヴァプールDFトレントアレクサンダー=アーノルドが今季のプレミアリーグでワーストとなるポゼッションロスト数を記録したという。その数、なんと45回。

さらに、今季のプレミアリーグでポゼッションロスト数ワースト3は全てアレクサンダー=アーノルドが占めているとか。

ワーストはレスター戦の45回、ワースト2バーンリー戦の39回、ワースト3サウサンプトン戦の38回。

海外のファンたちは「どうやったら90分で45回もロストできる?ほとんどが失敗したクロスか?」などと反応。味方につながらなかったクロスロストと計測されるなら、クロス数が多いアレクサンダー=アーノルドがワーストになるのはある意味で納得かも?

なお、リヴァプール2021年に入ってすでに5敗しているが、アレクサンダー=アーノルドロスト数が多かった3試合も全て今年に入ってからのものだ。

【動画】クロップも怒…リヴァプール、レスター戦での崩壊シーン

アレクサンダー=アーノルドと両サイドコンビを組むアンディロバートソンは「大打撃だ。試合の大部分を支配していたが、その後に自分たちを見失ってしまった」とこぼしていた。

リヴァプールDFアーノルド、今季最悪の「ロスト数」を記録…ワースト3を独占


(出典 news.nicovideo.jp)