no title

 リヴァプールレアル・マドリードに所属するブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの獲得に関心を示している。8日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。

 ヴィニシウスは今シーズンレアル・マドリードにてリーグ戦18試合に出場しているが、先発起用はわずか9回。その内、フル出場を果たしたのが3回と、安定した出場機会の獲得に苦しんでいる。

 同紙によるとリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督がヴィニシウスの獲得に関心を示しているという。同監督は以前から新たなFWの獲得を希望しており、同選手に目をつけていたようだ。

 一部メディアによると、レアル・マドリードセネガル代表FWサディオ・マネとのトレード移籍をオファーすると伝えられている。果たして今夏の移籍市場で、この大型移籍は実現するのであろうか。

ヴィニシウス(左)とマネ(右)のトレード移籍が実現する可能性がある [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)