no title


サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。

Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバルセロナデンマーク代表FWマルティン・ブラーヴァイトが決めたゴールだ。


母国のエスビャウでのデビューを経て、トゥールーズで頭角を現したブラーヴァイトは、フランスイングランドスペインクラブを渡り歩いた後、2020年2月にバルセロナに加入した。

ポストプレーゴール前での勝負強さを武器とするブラーヴァイトだが、2020年12月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのフェレンツヴァーロシュ戦では、味方の見事なパス回しからゴールを決めている。

1-0とバルセロナリードの21分、完全に試合を支配するバルセロナは、最終ラインからショートパスを繋ぎ、丁寧なビルドアップでボールを前線に運んでいく。ファイナルサードに入ってからは左右に相手を揺さぶり、隙を作りだすと、FWウスマーヌ・デンベレが左サイドスペースに抜け出し、ゴール前にグラウンダーのクロス。このボールブラーヴァイトが滑り込みながら合わせ、ゴール右にシュートを流し込んだ。

相手に全くボールを触れさせないまま、一方的に攻め続けたバルセロナ。その後も1点を加え、3-0の完勝を収めている。



チャンピオンズリーグ グループステージベストマッチを1/23(土)~放送!
グループステージ全96試合はWOWOWオンデマンドで順次配信中!
>>無料トライアルはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)