no title



以前から大きな話題の一つになっている「ヨーロッパスーパーリーグ」構想。

いくつかのビッグクラブや投資銀行が水面下で交渉を行い、FIFAを離脱して新しいリーグを作ろうというものだ。

強豪同士の対戦を数多く行うことによってリーグの価値を高め、これまでよりも多くの収益を得ようというものだ。

10月末にバルセロナの会長を辞任したジョゼップ・マリアバルトメウ氏が、会見で「ヨーロッパスーパーリーグに参加する提案を受け入れていた」と暴露して大きな問題となった。

そして今回『Guardian』の報道によればFIFAと6つの大陸協会(UEFACONMEBOL、CONCAFAF、CAF、AFCOFC)が共同で以下のような声明を発表したとのこと。

「いくつかのヨーロッパクラブFIFAが、クローズドな『スーパーリーグ』を作ろうとしているという憶測が、いくつかのメディアから出されていた。

もう一度繰り返すが、そのようなコンペティションはFIFAにもどこの協会にも認識されるものではない。

そのようなコンペティションに参加するクラブと選手は、FIFAや各協会が主催するあらゆる大会に参加することが不可能となる」

【写真】チェルシー「直近10年の冬補強」最高と最悪の5名

FIFAは現在ワールドカップクラブワールドカップの拡大に向けて動いており、UEFA2024年を目処にチャンピオンズリーグを拡張する方針となっている。

FIFA、「欧州スーパーリーグ」構想に警告“参加したらW杯、CLから追放”


(出典 news.nicovideo.jp)