no title


リバプールユルゲン・クロップ監督が、大不振に陥るチームの問題点を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

リーグ4試合勝利がないリバプールは、21日に行われたプレミアリーグ第18節でバーンリーと対戦。下位に沈む相手から久しぶりの白星を掴みたいところだったが、この日もチャンスを逃し続けると、後半PKを与えてしまい失点。そのまま試合終了となり、0-1で敗北した。この結果、リバプールはアンフィールドで69試合ぶりの敗戦。5試合勝ちがなく、その間の得点はわずか「1」と、大スランプに陥っている。

順位は4位以下への転落が濃厚となり、タイトルどころかチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得すら危うくなっている状況だ。試合後のインタビュークロップ監督も、こうした状況に早急な改善が必要だと、危機感を募らせた。

「我々の問題は、瞬間的な意思決定にあると思う。意思決定は私が与えた指示やその時の気分に基づいているが、狭いスペースでチャレンジングな決定をするには、それを行う自信が必要だ。それが欠けているから、得点が奪えなかった」

バーンリーはほとんどボールを握れず、チャンスも少なく、我々が上回っていた。それでも勝てなかったのは、そうした状況でも得点できなかったからだ。今、試合を振り返ってみても、負けるなんてあり得ないと思う。しかし、負けた。それは我々の、私の責任だ」

「選手たちに自信を与えることができなかった。いいタイミングクロスやパスを出したり、ライン間で勇気を出してボールを受けターンしたり、ラインの裏にパスを出したり、SBが走り込んだりといったプレーが、今夜見られることはなかったね。これも私の責任だ」

クロップ監督は、現在の調子でタイトル争いの話はできないと断言。少しでも早く選手の調子と自信を回復させる必要があると、状況打開を模索している。

バーンリーに敗れ、3~4試合無得点なのに、タイトル争いの話なんて馬鹿げている。我々は試合に勝つ必要があり、ゴールを決めなければならない。物事がうまくいかない場合は、よりハードに働き、多くの正しいことをし、一貫性を持つ必要がある」

「このチームはもっといいフットボールができるはずだ。それが今、私の考えていることさ。今のチームの自信は、言うまでもなく最高レベルではない。選手たちは90%まではできているが、決定的な10パーセントが欠けているような状態だ。我々はこの10パーセントの改善について、もう少し深く取り組まなければならない」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)