(出典 f.image.geki.jp)



 バルセロナのロナルド・クーマン監督が、チームの将来について言及した。20日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同クラブでは、現在キャプテンでありエースのFWリオネル・メッシが今シーズン限りで契約を満了する予定となっており、同選手が契約を更新する可能性も含めて、今後のチーム作りが注目されている。先日はパリ・サンジェルマンレオナルドSD(スポーツディレクター)が、メッシの獲得への興味を明言したことでも話題となった。そんな中クーマン監督は、同選手やクラブの将来について以下のように語っている。

「その(レオナルドSD)の発言に、あまり驚きはなかった。私だってネイマールや(キリアン・)エンバペの獲得へ興味があるかと聞かれたら、イエスと答えるだろうからね。これまで何度も言ってきたことだが、移籍の経済的な決断を下すのは私ではない。クラブ不可能ならば不可能だ。我々はできることを実行するだけだよ」

「レオ(メッシ)は非常にハードトレーニングを続けている。このところの彼について、何も変わったところは見受けられないよ。スーペルコパ決勝戦での結果はバルセロナの誰もが悲しんだが、我々は改善するための道を歩んでいる。その中で、レオは重要な役割を担っていると思うよ」

 未だバルセロナとの契約を更新していないメッシだが、果たして今後どのようなキャリアを選択していくのだろうか。

バルセロナのクーマン監督 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)