ジネディーヌ・ジダン 写真提供: Gettyimages

 20日、レアル・マドリードはコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の3回戦でセグンダB(3部リーグ)に所属するアルコヤーノと対戦。延長戦の末2-1で敗れ大会から姿を消した。

 この一戦に一部主力メンバーを温存する形で臨んだレアル。後半にはフランス人FWカリム・ベンゼマスペイン代表MFマルコ・アセンシオ、ベルギー代表FWエデン・アザールドイツ代表MFトニ・クロースといった主力メンバーを起用したものの、1-1の同点で迎えた115分にカウンターから決勝点を奪われ、アルコヤーノにジャイアントキリングを達成されてしまった。

 また、試合後ジネディーヌ・ジダン監督は「敗北は監督の私の責任だ。これがフットボールチャンスを活かすことができなかった。ゴールを決めることができなかった。そして私たちは敗北した」とコメントを残している。



(出典 news.nicovideo.jp)