マルティン・ウーデゴール 写真提供: Gettyimages

セビージャレアル・マドリードノルウェー代表FWマルティン・ウーデゴールの獲得に興味を示しているようだ。20日、『DeportesCuatro』が報じている。

 ウーデゴールは昨夏にレアルソシエダでのレンタル期間を終えてレアル・マドリードに復帰したものの、今季は2度のわたる負傷離脱もありここまで公式戦わずか5試合の先発出場にとどまっている。また、直近のコパ・デル・レイ3回戦・アルコヤーノ戦ではメンバー外となり。今冬に退団する可能性が高まっている。

 現在のところ、ウーデゴールには昨シーズン同選手が在籍していたレアルソシエダや、中盤の補強に動くアーセナルが興味を示している模様。しかし、同メディアによるとセビージャがウーデゴールの獲得に向けてポールポジションに位置しているようだ。

 セビージャフレン・ロペテギ監督は1月の移籍市場で中盤の補強を希望しており、ウーデゴールの獲得は理想的なプランとみているようだ。はたしてラ・リーガ暫定5位に位置するセビージャはウーデゴールを獲得し、後半戦に巻き返しを図りチャンピオンズリーグ出場権を獲得することができるのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)