(出典 img-footballchannel.com)



マンチェスター・ユナイテッドで戦力外となっているイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)を巡る争奪戦が激化模様のようだ。

現在リーグ戦12試合無敗で3年以上ぶりにプレミアリーグの首位に立つユナイテッド。絶好調のチームとは裏腹に、今季のリンガードはここまで公式戦出場は3試合のみとなっており、未出場のプレミアリーグではベンチ入りもできず、事実上の戦力外とされている。

そんなリンガードにはすでにシェフィールド・ユナイテッドやニースなどから関心が伝えられていたが、『ESPN』によると、マルセイユポルトインテルトッテナムなども、今冬の移籍市場での獲得を検討しているようだ。

リンガード本人としては移籍を望んでいるものの、ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督はトレーニングの姿勢を高く評価しており、ヨーロッパリーグが再開し、過密となる今後のスケジュールも考慮して残留を求めているようだ。

だが、意見は違えど両者は良好な関係を築いているようで、今後、建設的な話し合いが行われる見込みだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)