no title



プレミアリーグで3試合連続無得点となったリヴァプール

最強3トップの一角を形成してきたロベルト・フィルミーノは今季18試合で5ゴールに留まっている。

リヴァプールDFジェイミー・キャラガーは『Sky Sports』の放送でフィルミーノが心配だと口にした。

ジェイミー・キャラガー

サディオ・マネとモハメド・サラーは不調にあると思う。

それは大丈夫だ。彼らについては心配していない。

(2人の不調は)終わるだろうし、彼らはふたたびゴールを決めるだろう。

私は心配しているのは、フィルミーノだ。

彼がゴールスコアラーだと見なされたことは一度もない。

それ(得点を奪うの)は他の2人の責任だが、彼は力を貸すためにそこにいる。2人が得点していない時は彼がより大きなゴールの脅威になる必要がある。

彼は昨日もチャンスがあったが、ボールを的確に打てなかった」
ジェイミー・キャラガー

「(フィルミーノゴールを奪うだけではないが)カウンタープレッシングボール奪取は減退している。

今季のことだけを言ってるのではない。リーグ優勝した昨季も私は心配していた、彼は復活できるのかと。

今は彼のことをより心配している。他の選手よりも前に取り除かれる選手がいるなら、それはフィルミーノになるだろう。

遅かれ早かれ、あの3トップは解体しなければいけないだろう。

彼はゴールアシストがなくても他のことをやっていた。だが、相当な減退だ。

これが不調なのか、年齢による緩やかな衰えなのかにかかわわらず、20代後半になったアタッカーには普通のことだ。

彼らアタッカーは他のポジションの選手たちほど長くはプレーしないからね(選手寿命が短い)」

0-0のドローに終わったマンチェスター・ユナイテッド戦に先発したフィルミーノだが、得点なく後半40分でベンチに下がった。

【動画】そんなフィルミーノがユナイテッド戦でやった神テクシーン

1991年まれのフィルミーノは今年10月で30歳になる。ここからの復活はなるだろうか。

「フィルミーノが心配…リヴァプール最強3トップは解体だ」キャラガーが懸念


(出典 news.nicovideo.jp)