no title

バルセロナとの契約があと5か月ほどで満了になる見込みのリオネル・メッシネイマールは恩師との再会を公に求めており、PSGは彼の獲得を熱望しているとされる。

ただ、例え移籍金がゼロだったとしても、高額な給与面が障壁になりうるようだ。

Sky Sports』のポッドキャスト配信でジュリアン・ロラン氏がこんな話をしていたという。

ファイナンシャル・フェアプレー新型コロナの流行。

他のビッグクラブと同様にPSGがどれほど影響を受けるか。どれほどになるのか分からない。

給与レベルでいれば、ネイマールは保有できる。年俸は3000万ユーロ(38億円)ほどだ。

メッシは6000万ユーロ(76億円)、キリアン・エムバペネイマールと同額の新契約を結ぶ可能性がある。

3人の給与だけで年間1.5億ユーロ(190億円)になる。これが毎年だ。

財政的には不可能だ。ただ、彼らはトライすると言ってるようだね。私には現実的には思えないが」

メッシネイマール、エムバペの3トップが実現した場合、あまりにも給与が高くなりすぎるという。予算面からすると厳しいということのようだ。

【写真】最も給料を貰いすぎているスター選手TOP12

ただ、エムバペは来夏にもレアル・マドリーへ移籍する可能性もあるが…。

PSG、メッシ獲得は困難か その理由はネイマールとエムバペ?


(出典 news.nicovideo.jp)