(出典 portal.st-img.jp)



 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、同クラブウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについて語った。27日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 26日に行われたプレミアリーグ第15節レスター戦でプレミアリーグ50ゴールを達成したラッシュフォードは、試合後のインタビューに応じ、同試合で途中出場からチームの2点目をアシストしたカバーニを称賛。今シーズンから共にプレーする33歳のFWについて、以下のように語った。

「彼はトッププレイヤーだ。多くの資質を持っていて、昨シーズンまでの僕たちのチームになかった次元のものを提供してくれている。彼と一緒にプレーできるのは素晴らしいことだし、ゴールアシストを目の当たりにできることは、どんなフォワードにとっても重要なことだ」

「あの(レスター戦の)ゴールについては、エディンソンが素晴らしいターンをして前を向き、相手DFに前に出るか後ろに下がるかの決断を迫ったんだ。きっと難しい状況に陥っただろう。そしてエディンソンが良いパスを出して、良いゴールが生まれたね」

 レスター戦では2ー2の引き分けに終わったマンチェスター・Uだが、現在リーグ戦では4位。次節はホームにウルヴァーハンプトンを迎える。

レスター戦でゴールを称えるマンチェスター・Uの選手たち [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)