(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



イングランドサッカー協会(FA)は17日、マンチェスター・ユナイテッドウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニへの処分を発表した。

カバーニ11月29日にアウェイで行われたプレミアリーグ第10節のサウサンプトン戦で後半開始から投入されると、2ゴール1アシストマークするハイパフォーマンスを発揮。2点ビハインドで試合を折り返しチームの劇的な逆転勝利に大きく貢献していた。

その試合後、ファンから活躍を祝したメッセージが届いたことに対して、カバーニは「Gracias negrito(ありがとう黒い人)」と返信。その文章内の「negrito」という単語が人種差別用語に該当する恐れがあるとして、FAが調査を開始した。

FAカバーニSNSでの投稿に対し、FAルールE3.1に違反したと発表。「インスタグラムのページで投稿されたコメントは、侮辱的および罵倒的、または不適切なものであり、試合の評判を落とした」と声明を発表した。

また、FAルールE3.2で定義されている「加重違反」にも当たるとし、明示的であるか黙示的であるかに関わらず、肌の色や人種、民族的な起源についての言及が含まれていると判断したようだ。

この結果、カバーニは最低でも3試合の出場停止処分が下される可能性があるが、1月4日までに異議申し立てをすることが可能となる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)