(出典 www.soccerdigestweb.com)



今季マンチェスター・ユナイテッドに加入したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ

33歳のストライカープレミアリーグ6試合で3ゴールマークしている。

『The Times』によれば、そのカバーニを支えているのは、宿敵シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が営むレストランだそう。

カバーニペップが経営するマンチスターにあるレストランTast Catala」から家族たちが住む自宅によくデリバリーをしてもらっているとか。

すでにデリバリー代に2000ポンド(27万円)以上を費やしているとのこと。英国移籍後に14日間の自己隔離を余儀なくされたカバーニを支えたのもペップレストランのデリバリーだったそう。

カバーニのお気に入りは、スペインから輸入する40日間乾燥熟成させたルビアガレガ牛(800グラム)だとか。

【写真】「昔は細かったのにムキムキになった」9選手、写真を比べる

カバーニは友人を通じてシティのCEOフェラン・ソリアーノと知り合った後にペップカタルーニャレストランを発見したそう。

なお、カバーニは故障のために、0-0の引き分けに終わったマンチェスター・ダービーを欠場している。

カバーニ、なんとペップのレストランの隠れ常連だった!「27万円分も宅配飯」


(出典 news.nicovideo.jp)