(出典 sportiva.shueisha.co.jp)



マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督はここ数試合のチームパフォーマンスから「ポジティブ」な要素を感じ取っているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

5日に本拠地で行われたプレミアリーグ第11節でフルアムと対戦したシティは、2-0の勝利。FWラヒーム・スターリングとMFケビンデ・ブライネゴールで、今季初のリーグ戦連勝を飾った。

ここ公式戦4試合負けなしで、いずれもクリーンシートを記録するシティ。グアルディオラ監督は試合後、フィニッシュの部分に対する課題を口にしつつ、ここ数試合の出来に満足感を示した。

「もっとゴールを決められただろうが、ここ3、4試合のパフォーマンスからポジティブな面が見受けられる」

ポジティブな要素が多い。ポルトガル(1日に行われたポルト戦)でのパフォーマンスには満足している。我々が作ったチャンスは非常に良かった。バーンリー戦のシュート数は非常に少なく、フルアム戦とポルト戦に関しては1本に抑えていた」

「我々は改善する。それを理解している。だが、試合に勝ったときはそれだけで十分だ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)