(出典 www.footballista.jp)



ミケル・アルテタ監督 写真提供:Gettyimages

ミケル・アルテタがアーセナルを率いることになり、早1年が経過した。前監督ウナイ・エメリの電撃解任以降、アルテタは監督就任までペップ・グアルディオラとともに戦ったマンチェスター・シティでの経験を活かしながら着々と立て直しを図り、2019/20シーズンのFAカップ制覇に導くなど短期間で結果を残した。

コミュニティシールドも制覇し、今シーズンも順風満帆な1年になると思われたがリーグ戦ではどこかイマイチ。現在10試合を消化し勝ち点13でプレミアリーグ14位と低空飛行が続いている。一時的な不調で終わることに期待したいが、現時点においてアーセナルが強豪らしからぬ状況であることは紛れもない事実である。

2020/21シーズンも期待外れの1年に終わってしまうのか。“アルテアーセナル”の今を語る、3つのポイントをご紹介したい。


ウナイ・エメリ監督 写真提供:Gettyimages

①エメリ以下ではないとは信じたいが…

ウナイ・エメリの2年目の不振から脱却する形で白羽の矢が立ったアルテタ。就任以降は規律を重視したマネジメントによって、強豪クラブと十分渡り合えるパフォーマンスを展開した。しかし、今シーズンに入ってからは、彼の手腕に黄色信号が迫っているように考える。

上記Twitter内のデータは、過去アーセナルを率いた、アーセン・ベンゲル、ウナイ・エメリ、そしてアルテタそれぞれの「就任後プレミアリーグ30試合の勝ち点数」を比較したものである。(エメリ60ポイント、ベンゲル51ポイントアルテタ46ポイント

皮肉にもあれだけ批判の集中砲火を浴びたエメリが、最も勝ち点を稼いだ監督となっている。確かにあの時のピエール=エメリク・オーバメヤン、アレクサンドル・ラカゼットの2トップは世界屈指の得点力を誇っていた。そんなエメリと勝ち点差が14も離れているアルテタ体制に疑問符をつける識者は少なくない。

ピエール=エメリク・オーバメヤン 写真提供:Gettyimages

②浮き彫りとなった得点力不足

華麗なパスワークからゴールを量産するあの頃が、より過去の出来事と感じる。あの時代が恋しいと思えるほど、今のアーセナルゴールが枯渇している。今シーズン10試合消化した時点でたった「10ゴール」と、プレミアリーグ全20クラブの中で4番目に少ないゴール数である。無論、過去5シーズンと比較しても10試合消化して10ゴールは最も少ないゴール数だ。

やはりどうしても、ピエール=エメリク・オーバメヤンにゴールが生まれないのが気になる点だ。今シーズンリーグ戦ではたった「2ゴール」、その内1点はPKだ。オープンプレーからのゴールは開幕戦のフラム戦まで遡らなければならない。今シーズン獲得したDFガブリエウ・ドス・サントス・マガリャンイスと同じゴール数であることからも彼の不調が如実に表れている。アルテタはオーバメヤンの復活へ精を出すのと同時に、彼に依存しない攻撃スキームを思案しなければならない。

アーセナル
オーバメヤンへのゴール依存度は年々高まっている

2017/18シーズン途中の入団以降、オーバメヤンへのゴール依存は高まる一方だった。「オーバメヤンがなんとかしてくれた」一方で、もし彼に依存できなくなった場合のリスクマネジメントをおろそかにしてしまったことは反省をしなければならない。


③ロンドン勢としての意地を見せたいところだが…

プレミアリーグまでは制覇できなくても、せめてロンドンの中では1番強いことを証明したい。そう強く思うクラブはきっと多いはず。アーセナルもそう思いたいところだが、今シーズンの出来はどうだろうか。

残念ながらロンドンに拠点を置くプレミアリーグ全6クラブトッテナムチェルシーウェストハム、アーセナルクリスタル・パレスフラム)の中でアーセナルは下から数えたほうが早く、由々しき事態と化している。「ウェストハム以下、クリスタル・パレスと同等」、これが今のアーセナルの実力であり、この状況ではチェルシートッテナムには到底足元にも及ばない。

前節行われたチェルシートッテナムの直接対決(第10節・11月30日)では、死力を尽くした激しい攻防の末スコアレスドローに至ったが、どの局面も集中力のあるハイレベルな試合内容だった。ロンドンNo.1になるためにはこれ以上のパフォーマンスを出さなければならない。

その足がかりとして、今節迎えるノースロンドンダービー(第11節・12月7日アーセナルトッテナム)をどのように攻略するのか。アルテタ監督キャリアの中でもキーモーメントになるこの試合に注目が集まる。



(出典 news.nicovideo.jp)