no title

ミランは4日、デンマーク代表DFシモン・ケアーが右足ハムストリンググレード1の損傷を負ったことを発表した。来週、再検査を行って復帰時期がわかるとのことだ。

ケアーは3日に行われたヨーロッパリーググループH第5節のセルティック戦で先発。しかし11分に交代を強いられていた。

コロナ明け以降、レギュラーポジションを掴んだ31歳のケアーは頭角を現したパレルモ時代のプレーを彷彿とさせ、今季ここまでの公式戦全17試合に先発し、セリエAで首位を走るミランの守備の要となっていた。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)