no title



 レアル・マドリードが危機的状況に陥っている。12月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節でシャフタールに0-2の敗戦。今大会2敗目を喫し3位に後退した。最終節で勝ち点1差の首位ボルシアMGに勝利すれば自力で突破を決められるが、負ければクラブ初のCLグループステージ敗退となる。

 リーガ・エスパニョーラでも苦戦が続いており、開幕10試合を終えて5勝2分け3敗。順位こそCL出場権内の4位だが、勝率は5割にとどまり、ここ3試合勝利から遠ざかっている。昨シーズン王者の面影はないに等しい。

 こうした中、ジネディーヌ・ジダン監督に対する風当たりは厳しくなっており、複数のスペインメディアでは解任の可能性が報じられ始めている。レアル・マドリード寄りのスペイン紙『アス』は3日の一面に「カウントダウンCUENTA ATRAS)」の見出しを掲げ、ボルシアMGとのCLグループステージ最終節が進退をかけた一戦になると報道。スペイン紙『マルカ』も、同試合が「ジダンファイナル(LA FINAL DE ZIDANE)」になると伝えている。

 後任候補についてもすでに報じられており、昨シーズンまでトッテナムを率いていたマウリシオ・ポチェッティーノ氏やレアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)を率いるラウール・ゴンサレスの名前が挙がっている。では、ほかにどんな候補者がいるのだろうか。今回は大手ブックメーカーBetfair』が列挙する候補者たちをオッズ付きで紹介しよう。

 以下が日本時間3日正午時点のオッズだ。カッコ内は(国籍/現職)となる。

◆▼レアル・マドリードの後任監督オッズ(トップ10)

1位  マウリシオ・ポチェッティーノ(アルゼンチンフリー) 2.0倍
2位  マッシミリアーノ・アッレグリ(イタリアフリー) 4.0倍
3位  ラウール・ゴンサレススペインレアル・マドリード・カスティージャ監督) 4.5倍
4位  グティ(スペインフリー) 10.0倍
5位  ロベルトマルティネススペインベルギー代表監督) 13.0倍
   アーセン・ヴェンゲル(フランスFIFA要職) 13.0倍
7位  ヨアヒム・レーヴドイツドイツ代表監督) 15.0倍
   エルネスト・バルベルデ(スペインフリー) 15.0倍
9位  マウリツィオ・サッリ(イタリアフリー) 17.0倍
10位 シャビ・アロンソスペインレアルソシエダB監督) 21.0倍
    ジョゼ・モウリーニョポルトガルトッテナム監督) 21.0倍
    ラファエル・ベニテススペイン/大連一方監督) 21.0倍
    デビッドベットーニ(フランスレアル・マドリードアシスタント) 21.0倍

 現時点での一番人気は、やはりポチェッティーノ氏でオッズは2.0倍。アルゼンチン指揮官は現在フリーであり、リーガでの監督経験を持っていること、そしてCLでも結果を残していることを考えると、最も適当な人選とされている。ちなみに、ジダン監督が電撃辞任した2018年にも、後任候補として名前が挙がっていた。フロレティーノ・ペレス会長のお気に入りとも言われている。

 続く二番人気がマッシミリアーノ・アッレグリ氏で、オッズは4.0倍。2018-19シーズン限りでユヴェントス指揮官を退任した知将も過去の実績は申し分なく、同クラブでは5年連続のリーグ優勝やCL準優勝といった成果を残している。スペインでの指揮経験はないものの、スター選手の扱い方を心得ているのも強みだ。同氏もまた現在フリーで、比較的容易に契約できるというメリットがある。

 一方、三番手と四番手に名前が挙がるのが、クラブレジェンドの2人。アッレグリ氏と僅差のオッズ4.5倍をつけるのがラウール氏で、就任を果たせば内部昇格となる。トップチームでの指導歴はないものの、レアル・マドリードというクラブを熟知しており、“第2のジダン”として抜擢されても不思議ではない。対するグティ氏のオッズは10.0倍と、上記3人に比べれば就任の可能性は低いとみられているが、カリスマ性はジダン監督に勝るとも劣らない。ただラウール氏同様、指導者歴が浅く、監督初挑戦となった2部アルメリアでは7カ月で解任されている。

 五番手以下では、ロベルトマルティネス氏(13.0倍)やヨハヒム・レーヴ氏(15.0倍)ら現役代表監督の名前が挙がるなか、FIFAの要職に就いているアーセン・ヴェンゲル氏(13.0倍)や宿敵バルセロナを率いていたエルネスト・バルベルデ氏(15.0倍)など興味深い人選も目につく。

 そして21.0倍で並ぶのは、シャビ・アロンソ氏、ジョゼ・モウリーニョ氏、ラファエル・ベニテス氏、デビッドベットーニ氏の4人。あるものは選手として、あるものは監督として、あるものはコーチとしてレアル・マドリードと関わりがある人物ばかりだ。彼らがジダン監督からバトンを引き継ぐ可能性は極めて低いが、レアル・マドリードというクラブを知っていることは監督を務めるうえで重要な要素とみられているのだろう。

 週末のリーグ戦を経て迎える運命のボルシアMG戦は、9日にホームで行われる。昨シーズンは解任の危機を乗り越えたジダン監督だが、今シーズンはどんな結果が待ち受けているのか。正念場を迎えた指揮官の今後から目が離せない。

(記事/Footmedia

ジダン監督の後任候補に挙げられている人物たち [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)