no title



 マンチェスター・Uに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが左ひざを負傷した可能性があるようだ。29日、イギリスメディアスカイスポーツ』が報じている。

 マンチェスター・Uは29日、プレミアリーグ第10節でサウサンプトンとアウェイで対戦。デ・ヘアは今季ここまで、リーグ戦全試合にフル出場を果たしていた。しかし、前半アディショナルタイム1分、サウサンプトンジェームズ・ウォード・プラウズが放ったFKを防ごうとし、左ひざをゴールポストに強打。これが影響し、後半からはデ・ヘアに代わり、イングランド代表GKディーン・ヘンダーソンがゴールマウスに入った。

 デ・ヘアの負傷の程度はまだ明らかになっていないというが、マンチェスター・U12月2日チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節でパリ・サンジェルマン戦を控えており、その後も過密日程が続くため、守護神の負傷は痛手だ。また、ヘンダーソンは今節で今季のプレミアリーグ初出場を果たしたが、今冬には出場機会を求めてレンタル移籍を希望するという報道もされている。

 デ・ヘアの負傷の程度が大きいと判断された場合には、過密日程やヘンダーソンの移籍の可能性などが絡み合い、チームにとってより複雑な問題になるとみられているようだ。

サウサンプトン戦で前半のみの出場となったダビド・デ・ヘア [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)