no title



リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーは、チャンピオンズリーグ(CL)の敗戦について、チームパフォーマンスに問題があったと語った。クラブ公式サイトが伝えている。

リバプールは25日に行われたCLグループD第4節でアタランタと対戦。過密日程を考慮し、22日に行われたプレミアリーグ第9節レスター戦から5人を入れ替えたチームは、攻守において機能せず苦戦。後半2失点を喫した後も攻撃面での創造性に欠き、枠内シュート0本のまま0-2のスコアで敗北した。

試合後のインタビューに応じたミルナーは、「劣悪なパフォーマンスだった」と認めており、改善の必要性を口にしている。

「今夜はこれまで一緒にプレーしていない選手が多かった。厳しい日程の中では、時にベストを尽くさず勝利を手に入れる必要があるんだ。今夜は僕たちが望むようなレベルになかった。チャンスの創出も、ボールキープも十分ではなく、シャープさを欠いていた。ただ、僕らはまだグループ首位だし、挽回して週末の大きな試合に臨まないとね」

「選手たちの努力を疑うことはできない。ただ、努力は常にあると思うけど、今日は流動性がなかった。アウェイのアタランタ戦では、相手を上手に動かしてスペースを作れたんだけど、今日はそれが十分にできずスペースを作れなかった」

「(失点時は)クロスを放った選手に十分近づけなかったのが残念だった。でも、繰り返しになるけどゲーム全体の問題だったと思う。チャンスをほとんど作れなかったのは残念だし、自分たちのベストを尽くせず、何も展開できなかったのは残念だ。これからたくさんの試合が控えているので、この点は早く改善していかないとね」

この結果を受け、グループDは一気に混戦模様となっている。リバプール12月に行われる第5節アヤックス戦に決勝トーナメント進出をかけることになったが、ミルナーはこれがCLだと語り、欧州最高峰の舞台で戦う難しさを話した。

「CLはいつも複雑だ。皆は紙上で判断しがちだけど、僕たちは彼らがどんなに良いチームか知っている。アウェイのアタランタ戦で我々は本当に良いプレーをしたから、人々は『2ndレグは簡単に終わるだろう』と思ったかもしれない。でも、そうでないことを僕らは分かっていた」

「今夜は上手くいかなかったし、このグループは強烈だ。もちろん、アヤックスがどれだけ強いかは知っているから、厳しい戦いになるだろう。でも、決勝トーナメント進出は僕らの手にかかっている。早くこの状況を乗り越え、改善点を考え、次のステップに進むよ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)