no title



インテルアントニオ・コンテ監督が、レアル・マドリーとの差を痛感したと嘆いた。クラブ公式サイトが伝えた。

インテルは25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第4節でマドリーと対戦。7分にMFニコロ・バレッラが与えたPKをMFエデン・アザールに決められて先制を許すと、33分にMFアルトゥーロ・ビダルが立て続けにイエローカードを貰い退場に。59分にもオウンゴールから失点して0-2の完敗を喫した。

マドリーに2連敗を喫して開幕からグループ未勝利が続くインテル。試合後のインタビューに応じたコンテ監督は序盤の失点を悔やみ、ビダルの退場で試合が難しくなったとコメント。そして、マドリーとの差を痛感したと述べている。

レアル・マドリーと対戦するのは難しいし、この2試合で我々は不運だったと言うしかない。すぐに失点をして、数的不利になったら難しくなる。残念ながらこの試合で我々と彼らの違いを痛感させられた」

「落胆してはいけない。我々の道を進むなら、謙虚に対応しなければいけない。進むべき道があるんだ。両チームは違ったレベルにあるから、色々な面で成長する必要がある」

「彼らはチャンピオンズリーグで何回も優勝している。我々もこのステージに戻らなければいけないし、周りの声に耳を貸してはダメだ。我々はこの差を埋めて、再び主人公になるために努力しなければいけない」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)