no title



サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はトッテナムイングランド代表FWハリー・ケインが決めたゴールだ。


トッテナムの下部組織で育ったケインは、レンタルで経験を積んだ後にファーストチームに定着すると、瞬く間にストライカーとしての才能を開花させ、今やエースとしてチームの大黒柱になっている。

トッテナムではここまで公式戦301試合で201ゴールを記録し、驚異的なスピードで得点を量産しているケインだが、2018年12月29日に行われたプレミアリーグ第20節のウォルバーハンプトン戦では、豪快なゴールを決めている。

0-0で迎えた22分、相手陣内でボールを受けたケインは、素早く前を向くとドリブルでボックス右角の手前まで進入。プレッシャーに来る相手を、鋭いカットインでかわすと、ボックスの外から豪快なシュートを放つ。利き足でない左足で打ったとは思えないパワフルな一撃は、ゴール左上に一直線に突き刺さった。

豪快なゴールで先制したトッテナムだったが、後半反撃に遭い、1-3で敗れている。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)