(出典 www.theworldmagazine.jp)



インテルスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(36)が近く契約延長に至るようだ。

イタリアTUTTOmercatoWEB.com』によれば、インテルハンダノビッチ2023年までの契約延長で基本合意。あとは細かな内容を残すのみで、来る12月にも新契約締結のアナウンスが見込まれるという。報道どおりなら、2022年までの現行契約を新たに1年延長する形だ。

ハンダノビッチ2012年ウディネーゼから加わり、公式戦通算352試合に出場して124回のクリーンシートを記録。今季も主将としてチームを引っ張るだけでなく、ここまでセリエAチャンピオンズリーグ(CL)の全10試合にフル出場している。

なお、インテルは絶対守護神との延長交渉を進めると傍らで、ナポリに所属するセルビア代表DFニコラ・マクシモビッチの獲得に向けた動きにも着手。マクシモビッチの代理人はハンダノビッチと同じであり、その件についての話し合いも行われたという。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)