(出典 www.football-zone.net)



上海上港でプレーする元ブラジル代表FWフッキ(34)が、古巣に復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。

現在は中国スーパーリーグの上海上港でプレーするフッキ。川崎フロンターレコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディなどJリーグでもそのパワーとフィジカルモンスターぶりを発揮。2008年7月にポルトへと完全移籍すると、ゼニトを経て上海上港へ移籍した。


上海上港との契約は2021年1月までとなっており、現在戦っているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が終了すれば退団することが見込まれている。

フッキの行き先にはプレミアリーグなども挙がっていたなか、古巣であるポルトへの復帰が浮上している。

フッキは上海上港で年俸2000ユーロ(約24億6700万円)を受け取っているとされるが、ポルトにはその資金はなく、最大で300ユーロ(約3億7000万円)しか支払えないとのこと。しかし、スポーツの側面と、古巣であるということを利用して獲得に動いているという。

また、セルジオ・コンセイソン監督の戦術にフィットしないか王政が懸念されていたが、そこに関しては解決したとのこと。現在のフッキであればフィットすると考えられているようだ。

日本代表MF中島翔哉も所属するポルト。フッキが加わることで競争が再び生まれることになるが、ACLでのプレーを見る限り過去ほどの輝きは失われている様子。それでも、プレミアリーグよりはフィジカル面を生かしたプレーができるポルトガルへの移籍は欧州復帰を目指す上では妥当とも言えそうだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)